顔のうぶ毛、皆さんはどうしていますか?

多くの女性にとって、顔に生えているうぶ毛はとても厄介な存在です。
「肌の色が白いから、黒いうぶ毛がヒゲのように目立ってしまう…」
女性の中には、顔のうぶ毛、特に口の周り、鼻の下に生えている太い毛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

また、うぶ毛はみためが悪いだけではありません。
顔にうぶ毛が生えていると肌の色が暗く見えたり、汚れが絡まってニキビの原因になることもあります。

では、そんなうぶ毛を処理するときに皆さんはどんな方法を使っていますか?
シェーバーやカミソリで剃る、専用のクリームを使う、サロンやエステなどで手入れをしてもらう等処理の方法はさまざまです。

そのなかでも、「自宅で手軽にできるから」という理由で毛抜きを使って抜くという方法をとっている方は多いのではないでしょうか。
たしかに、毛根から抜いていくこの方法はたしかにほかの方法よりも長持ちできれいになれそうです。

しかし、この「毛抜きで抜く」という方法は、実はお勧めできません。
なぜなら、抜くことには多くのデメリットがあるからです。

痛いだけじゃない!毛抜きで抜くことのデメリット

まず、1本1本毛抜きで抜くので痛くて時間がかかります。
また、太い毛は目につくので抜きやすいですが、細い毛や短い毛などは見えにくいので、毛の抜きのこしが多くなります。

そして、なによりも問題なのは、毛抜きでうぶ毛を抜くと肌に大きな負担をかけてしまうということです。
毛根から無理やり引き抜くので上手に抜けずに残った毛が埋没毛になってしまったり、毛穴が広がってしまったり、さらには広がった毛穴に汚れが詰まって黒ずんでしまったりします。

また、顔の肌は身体のほかの部分の肌よりも薄くてデリケートです。
汚れのつまった毛穴が炎症を起こしてしまう危険性もあるので、毛抜きを使ってうぶ毛を処理することはやめておいた方がいいでしょう。

肌に負担をかけず、手入れする方法は?

では、どのような方法を使えば肌に負担をかけることなくうぶ毛の処理ができるのでしょうか。
一番手軽な方法は肌に負担をかけないフェイスシェーバーで剃ることです。
洗顔後、肌がやわらかくなっているときに行い、剃る前と後にはしっかりと保湿をしましょう。

また、毛の処理をした後は紫外線による影響を受けやすいです。
その分肌にかかるダメージも大きいので紫外線対策はいつもよりしっかりしましょう。

しかし、どれだけ気を付けていても、肌には負担がかかるものです。
自己処理の間隔は肌のことを考えて、1週間から1か月ほど開けたほうがよいでしょう。

コレを知るだけで肌の運命が変わる!正しい顔の産毛処理全手法美肌効果もあり?おすすめ!気になる顔のうぶ毛の処理方法4選!知らないともったいない!?おすすめ!顔のうぶ毛の剃り方5選顔のうぶ毛を剃ると濃くなる?いえ、なりません!その理由とは?顔のうぶ毛はエステサロンにお任せ!その効果と選び方は?韓国では顔のうぶ毛は処理しない?美肌の4つの秘密とは?顔のうぶ毛はどう処理する?毛抜きで抜かないほうが良い?顔のうぶ毛を処理すると化粧ノリがよくなるって本当?顔のうぶ毛を処理するだけでニキビ予防ができるって本当?銀座カラーで脱毛したい!でも、全身脱毛はちょっとという方に顔の産毛処理に関するメリット顔の産毛処理にカミソリを使うメリットとデメリット顔の産毛処理、お風呂上り後にやると良い理由とは