「顔のうぶ毛を剃りたいけれど、濃くなりそうで心配」
「剃る頻度・回数が増えたら濃くなったような…」
あなたはこんな心配していませんか?
安心して下さい。
剃ることでは濃くなりません!
濃く「見える」だけです。
ここではその理由と、気を付けるポイントをご紹介します。

濃く「見える」のは毛の断面積の違い

剃る前は「点」剃ったら「面」になるので、剃った後の方が断面積が増えてしまいます。
顔のうぶ毛は、生えてきた時は毛先に向かうほど細くなっています。
しかしカミソリなどで剃った後は、切断面が平らなので断面積が増えてしまいます。
例えば大根をイメージして下さい。
大根の先から葉の方向に順番に輪切りにしてみましょう。
先と根元の輪切りでは、断面積が大きく違いますよね?
さらに斜めに切ったならば、なおさら断面積が大きくなります。
この様に、大根の輪切りと同じ現象が顔のうぶ毛を剃る時にも起こっています。
濃くはなっていませんが、濃く見えているだけです。

濃くなってしまう原因は他にあります

ホルモンバランスの乱れ、ストレス、食生活、冷え性の放置などが本当の原因です。
ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンより男性ホルモンが増えてしまうとうぶ毛が濃くなってしまいます。
ホルモンバランスはストレス、過度なダイエットによる食生活の乱れなどによって起こります。
うぶ毛の濃さが気になる方は注意しましょう。
また冷え性を放置したままにしてしまうと、体温を保つために毛が濃くなってしまいます。
温かいお風呂に入ったり、ファッションに気を付けるなど、冷え性対策をしてみましょう。

濃く「見えない」うぶ毛の処理方法とは?

剃る時に毛を立たせることで、濃く見えないように処理できます。
顔のうぶ毛をカミソリや電動シェーバーで自己処理している方は多いと思います。
剃る時にお肌を片手で引っ張り、毛を立たせて剃ることて濃く見えなくすることができます。
しかし自分でやるとテクニックが必要なので難しいですよね。
そんな時はシェービングの専門家、理容室やシェービングサロンを利用してみると良いでしょう。

都市伝説?だまされないでケアしましょう

まことしやかに語られる「毛を剃ると濃くなる」噂には科学的根拠はありません。
かと言って漠然とケアしていても濃く「見えて」しまいます。
シェービングで顔のうぶ毛を処理するならば、紹介した目立たなく剃る方法を試すか、難しいならばプロにお任せしましょう。
もしくは脱毛も選択肢の一つです。
あなたに合った顔のうぶ毛ケアで、お悩みを解決してしまいましょう!

コレを知るだけで肌の運命が変わる!正しい顔の産毛処理全手法美肌効果もあり?おすすめ!気になる顔のうぶ毛の処理方法4選!知らないともったいない!?おすすめ!顔のうぶ毛の剃り方5選顔のうぶ毛を剃ると濃くなる?いえ、なりません!その理由とは?顔のうぶ毛はエステサロンにお任せ!その効果と選び方は?韓国では顔のうぶ毛は処理しない?美肌の4つの秘密とは?顔のうぶ毛はどう処理する?毛抜きで抜かないほうが良い?顔のうぶ毛を処理すると化粧ノリがよくなるって本当?顔のうぶ毛を処理するだけでニキビ予防ができるって本当?銀座カラーで脱毛したい!でも、全身脱毛はちょっとという方に顔の産毛処理に関するメリット顔の産毛処理にカミソリを使うメリットとデメリット顔の産毛処理、お風呂上り後にやると良い理由とは